So-net無料ブログ作成
検索選択

6月23日 川崎汽船の株主総会 会場の前でテレビカメラが取材 [株主総会]

持ち株の中でも成績底辺レベルの銘柄。いつ売ってもいいんだけど、と思いながらまだ持っていた。仕事と違って個人投資家には色んな理由があるものだ。PBRが1倍を大きく割ってからは、株価の下にも限界があると高を括っていたら、「B(純資産)」がみるみる小さくなって、割安感が無くなってしまった。PBRで割安株を物色すると、こういう罠に落ちるので注意しましょう、という典型。買った時はそういうわけではなかったんだけれど…。

総会会場のビルの前にテレビの取材スタッフがうろついている。その時は大して気にもしなかったが、夜のテレビ東京のWBSで取り上げられていた。昨年大株主の村上ファンドの反対票で、社長が危うく不信任となりそうだったという話。今回は輪をかけて業績が悪いわけだから、社長の再任が承認されない、なんてこともあり得たわけだ。

会場内は空いていて、ゆったり座れる。通路をはさんで隣りはスタッフ席。スタッフの女性が熱心に、何を書いているのだろうと覗いてみたら、速記だった。速記なんて国会でしか見られないもののように思っていた。生で速記しているところを見るなんて初めてだ。

とにかく部門を細かく分けてみても黒字の事業が無い、という感じ。例外は不動産管理事業ぐらいだろうか。典型的な市況産業だから必然ではあるんだろうが、事業報告を聞いていると、景気や市況など事業環境の部分が長い。どうしても、「市況のせいで業績が悪い」という説明になる。だからどこか人のせいにしているように聞こえてしまう。

長期的な方針の中に、戦略転換して次代の中核事業を育成するのだ、と謳っているのだけれど、聞いてみれば何か具体的な案件があるというわけではない。物流事業なんかいいんじゃないかな、というぐらいのレベルで、真剣に取り組んでいるのかどうかは不明。エネルギーのバリューチェーンという言葉も出て来て、採掘から製品の輸送までの一貫した物流サービスということのようだが、設備投資がかかる話だから、良いパートナーを見つけて…と最後は言葉を濁している。つまり、できればいいなと思うけど、お金がかかるし、1人じゃリスクをとり切れないということ。話を聞いていても、できる気がしない。

業績が悪くて無配なのだから、社員や取締役も報酬カットされるのは当然だ、という株主。これに対しては、役職によって幅はあるが1年前より15~25%の減俸コンテナ船事業の3社(郵船、商船三井と)統合などもあって、社内の危機感は十分にあるという回答。減俸も統合も良いと思うが、ここまで業績が悪いと、良くなる日が一体来るんだろうかという気分になる。

それ以上厳しい発言をする株主も無く、期待に反して(?) 何の波乱もない総会だった。社長の首はつながったわけだ。もう一つの議案は株式の併合で、株式数が1/10になり、株価が10倍になる。投資価値に実質的な影響はないが、株価の名目値が高くなると、下がる余地が出て来てしまうようで、何となくありがたくない。


→ テレビ東京のニュース

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0