So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年06月27日 |2016年06月28日 ブログトップ

5月25日 サマンサタバサの株主総会 ~お洒落な会社の古色蒼然~ [株主総会]

私はファッションには全然詳しくないけれど、世界に出ていく日本のファッション・ブランドとして頑張ってほしい、という軽い気持ちで保有している。

この会社の総会に出るのは7年ぶりだが、多分問題点は全く同じでDeja-vuな感じ。アパレル事業、やるべきなの?ということ。せっかくバッグでいいビジネスをしているのに、バッグで上がった利益をアパレルに注ぎ込んでいる。ちょっと飛躍だけど、オリンパスのイメージ。内視鏡で上がった利益をカメラに注ぎ込み続けていたでしょう。

財務諸表で見ても、単体の経常利益のところまでは、悪くないね、という感じなのに、アパレルの影響が反映されるとがっかりする。7年前に出席した時は、アパレル進出直後で、その時も何だか色々と特別損失を出していたと思う。進出以降の経緯を質問したら、その後利益が出るようになって、悪化したのは2年前からだという。去年は凄く厳しくなったとのことで、構造改革だののれん償却だので11億円も落としている。

アパレルの売り上げは83億ほどでグループ全体のもう2割近くになっているけれど、続けなくちゃいけない事業なんでしょうか。やめる気はさらさらない、という感じだったけれど、ファッション業界の人はアパレルやらなきゃ本物じゃない、みたいな感覚なんでしょうか。確かにマーケットは各段に広いのでしょうけど、とても勝算があるようにも見えない。なんだか社長の「夢」に付き合わされてる感じがしないでもない。

今回の株主総会、Q&Aに入ってから、経営陣が回答するたびに拍手が湧くので、あれ?と思った。たいした答えでもないのに、いちいち拍手する。株主が熱心なファンだというならなら良いことなんだけれど、これが続くのはあまりにもあからさま。これってもしや、昔ながらの伝統芸的株主総会? 拍手しているのは現役社員株主?

…と思っていたら、まさに図星の株主質問が出た。その方は昨年も出席なさっていたそうで、その時はひとりの株主から審議打ち切りの動議が出され、株主質問が打ち切られたのだけれど、その動議を出した株主だけは、出席番号も名前も聞かれなかったのだという。あれは審議を打ち切るための打ち合せがあったとしか思えない、今年もそういう打ち合せがあるのでしょうか、という質問。もちろん、まさかそんな打ち合せがあるとは答えられないだろうし、昨年の不手際を詫びただけだったけれど、その結果、質問は打ち切られることなく、かなり長く続くことになった。

その後の質問でも、このちょっと異様な雰囲気をちくりとコメントする株主が何人かいて、ファッションブランドの会社にしては、会場のスタッフはボディガードみたいな人ばっかりですね、とか、回答に毎回拍手が起こるなんていう総会もあるんですね、とか。

実際どうなんだろう。7年前の株主総会は、こんなことはなかったと思う。想像の域を超えないけれど、その後、株主総会を取り仕切る部署にどこかの「ベテラン」を雇ったんじゃないんだろうか。新興の企業は内部にはそういう人材はいないだろうから。そのベテランの頭の中が苔蒸していて、総会屋が跋扈した時代の様式しか知らないんじゃないだろうか。せっかくエグザイルなんか使って宣伝しているような今どきの会社なのに、この古色蒼然ぶりは残念。でももし、本当に腕力による実力行使が必要なような怖~い会社だとしたら…そんな会社の株主はやっていたくないよね。


2009年の総会メモ

5月24日 ローソンの株主総会 ~波風の無いことは悪いことじゃない~ [株主総会]

昔から一番利用しているコンビニはファミリーマート。ローソンは家の近くに無いせいで全く利用しないが、同業の中で圧倒的に配当利回りが良い。

2月決算の株主総会、今年はほんとうは、ガバナンスにの話題には事欠かない7-11の方が面白いだろうと思うのだが、残念ながら予定があって出席できない。ローソンはそれに比べると波風も無く、少々退屈な株主総会。退屈な株主総会自体は悪いことではない。ローソンの会長も自ら言う。7-11はカリスマ経営者が去った後のギャップが大変だろうし、ファミリーマートはユニーとの統合に多大なエネルギーを割かなくちゃいけない。この間にローソンは、徹底的に店舗のクオリティーを上げていくのだ、と。

特に変わった経営戦略もない。品揃え、効率化、ガバナンス、と必要なことは網羅されていて、模範的と言えば模範的。玉塚会長をはじめ経営陣は比較的若く、エネルギッシュな印象はある。会長自身も、会長と言ってもほかの多くの大企業と違って若いので、と言ったくだりは少々口が滑ったのかもしれないが、要は自分で現場を走り回る現場主義で行く、とのこと。「超・ウルトラ・アクティブ・現場密着」な会長とCEO、なんて表現も出た。

株主からの質問も、特に批判的なものはない。株主総会の記念品に多少文句を言った株主がいたけれど、経営陣にエールを送るような気分が最後まで続いた。30年来ローソンを経営している、という株主は、せっかく株主総会に来ることが出来たので、決意表明を聴かせてほしいという。そこでまた延々と模範解答のような決意表明。

私も、事業報告の捕捉説明をしてもらおうと思って質問。総収入が17%も伸びているのに利益は全然伸びてないのでね。この背景は、フランチャイズの契約形態を、新しいものにどんどん切り替えているから、とのこと。新しいパッケージは、廃棄ロスや電気代など本部の負担が多くなる一方、本部の受け取るチャージも多くなる。切り替え後は、負担の増加が先に現れるので、これは事前の想定通り、との説明だった。

最後に発言した株主さんは、方々の総会に出ているベテラン株主とのことだったが、会長が前面に出てしゃべるスタイルは良い、とまずは褒めて、結構いい質問をなさった。一つ目はROEとROAについてで、こちらはどうということはないんだけれど、二つ目の質問、「対処すべき課題」という項目が事業報告にあるけれど、去年書かれていたことが何であって、その成果や進捗がどうであったかも報告すべきではないか、と。確かに今、どの総会でも「対処すべき課題」というのはスタンダードになっているが、通り一遍の作文、という感じがしないでもない。それから、社外取締役として前に座っている大学教授のコメントを聴きたいとの要望も。そりゃそうだ、せっかくこの場にいるのだから良い考えだ、と私も思った。

ところが、これらについての回答は、残念ながら全く期待外れ。会長が一人で、わりといい加減に答えた、という印象が残った。この前の楽天の株主総会では、アメリカから来ていた取締役が、質問に答えてコメントしたんだけどね。

株主総会のおみやげは、成城石井の商品券。前述のとおり、不満を述べている株主さんもあったけれど、成城石井でよく買い物をする私としては、大いに有り難い。うちは、コーヒーはいつも成城石井です。

ブログを新しくしました(過去のブログへはこちらから)

ブログを始めてもうずいぶん経ちますが、そもそもは子育て日記だったのです。
その息子も中学生になり、反抗期まっただ中。 子育て日記を書くことも、もう無くなりました。
ここ数年、ブログの中身は株主総会レポートのみ。

それならば、とタイトルから株式投資関連に絞ろうと思い立ち、ブログを新しくすることにしました。
とりあえず、今年5月の株主総会レポートから始めます。

それ以前のレポートは、従来のブログ(lulu 欲ばりで無欲な生活)に載せております。

-| 2016年06月27日 |2016年06月28日 ブログトップ