So-net無料ブログ作成

個別株投資の奨め ~投機ではなく [投資スタイル]

一般的に、アクティブ投信はインデックス投信に勝てない、ということになっています。数字を集めて平均を取ると、インデックス投信のほうが成績よいというわけ。その理由は色々と考えられるのですけれど、この事実をもってして、個人のアクティブ投資を否定する理由には全くならないでしょう。

アクティブ投信が不利な理由の一つは、インデックスよりはるかに高い手数料です。私だって、高い手数料を払うのは出来れば避けたい、そんなことは当たり前です。ただ、インデックスに投資するには投信を利用するしかないけれど、アクティブ投資ならば投信を買わずに個別株を買ってもいいわけです。昨今はNISA導入のお陰さまもあって、最低単位百万円以下は当然、50万円ぐらいで買える銘柄もかなりたくさんありますから、個人でもそこそこの銘柄数を持つことは可能なはずです。

インデックス投信は、株なんかたいして興味ない、という人にはとても良い商品だと思います。コストが安いって最強。…では運用手法としては、インデックスってどうなんでしょう。

たいていのインデックスは、時価総額ウェイトでできています。多分一番客観的ですし、基本的に放っておけばいい方法ですから、コストを安く、という目的にもかなっています。ただ、それ以外に特に意味はないとも言える。時価総額ウェイトで買う、ということは、高くなったものは高いまま、安くなったものは安いまま買うってことです。一つの銘柄を時系列で眺めれば、その銘柄が相対的に一番高くなったところで一番たくさん買い、一番安くなったところでは一番少なく買うことになります。

これ、アクティブ・ファンドのマネージャーだったら、とってもへたくそなはずですよね。そんな運用をしているインデックスファンドに勝てないとしたら、何とも情けない話です。現実は色々と、ファンドマネージャーにも同情すべき事情があるわけですが、その話はまた別の機会にするとして、ともかく少しでも資産が増えるように、ということだけをまじめに考えて運用すれば、インデックスより良い運用ができて当たり前じゃないか、と思ったりするわけです。

時価総額ウェイトという手法は、保有比率が客観的に細かい数字まで計算できますから、よく知らない人にはすごくサイエンティフィックで確かな運用手法に見えるのかもしれません。ポートフォリオを地域分散する時も、「日本株は3割くらいで」というよりも、「時価総額ウェイトで8.5%です」とかいう方が、なんだかカッコいいですよね?

パブリックな存在である投資信託は、客観的であることも重要な意味があるでしょう。でも個々人にとっては、自分で納得のいく自分だけのポートフォリオがあればよいのです。自分がいいと思えば、それが正しいポートフォリオ。誰に言い訳する必要もありません。

もう一つ付け加えると、例えばTOPIXなどは、全ての株式を自動的に含むので、かなり純粋なパッシブかもしれませんが、多くのインデックスは、時々銘柄の入れ替えを行っています。そういう意味では、一定の基準に基づいたアクティブ投資の側面もあるわけです。銘柄選定にあたっても客観性が重視されますから、だれが見てもOK、という選択になる傾向があるはずです。これもアクティブ運用としては、決して上手いとは言えませんね。

アメリカのSP指数で、過去の銘柄入れ替えを遡って、もし入れ替えていなかったらパフォーマンスはどうだったか、という試算を見たことがあります。入れ替えたことでパフォーマンスが悪くなっている、という結果でした。新しい企業など、世間に認められてある程度大きくなったものが選ばれ、将来性が無さそうだ、ということで安くなったものを外すわけですから、まさにアクティブ運用をしているわけですね。

インデックスというのは、市場全体を客観的に代表することが目的で、良いパフォーマンスを上げることが目的ではありませんから、こうしたインデックスの運用を批判するつもりは全くないのです。申し上げたいのは、インデックス投資が、運用手法として別に優れているわけじゃあない、ということなのです。

もちろん、アクティブ運用で優れた投資信託を探すという方法もありますが、今や一般の個人でも、プロのアナリストに負けないくらい、情報を手にすることができる時代です。興味と関心のある個人投資家は、リスクについてよく理解したうえで、個別株の投資にもぜひ挑戦してほしいですねえ。厚みのある投資家層の存在こそ、よりよく機能する健全な株式市場を支えるのだ、と信じています。


念のため、アクティブ運用とは→ http://www.toushin.com/faq/invest-faq/active/
解説を載せているサイトはいくつもありますが、これが分かりやすいかな。
「要は、人間の判断による運用、ということです。」



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「つま恋」を卒業したヤマハ [株式の個別銘柄]

先日新聞で、ヤマハがつま恋のリゾートの営業を終了、負の遺産の処理にめどをつけた、との記事を目にしました。

90年代に行った、小樽近くのキロロリゾートを思い出します。「ピアノ」というヤマハそのものみたいなネーミングの、洒落たホテルがありました。もう、バブルに引っかかった会社の典型みたいなイメージ。

ヤマハと言えば、楽器メーカーでありながら、テニスラケットやスキー板でもメジャーなブランドでした。学生時代は本チャンのテニス部でフタバヤのウッドなんか使っていた私からすると、あのカラフルでビンビンと響くようなラケットは、思いっきり邪道な感じがしたものですが、テニス・スキーと言えば、当時は紛れもなく若者の間で最も人気のあったスポーツ。ヤマハは親近感のあるブランドでもありました。

ただ企業としては、とりとめなく多角化していました。住宅バブルの頃は、システムキッチンを手掛ける「住宅関連」でもありましたし、日本と言えばテクノロジー、と言われた時代は、音源ICを中心とする電子部品メーカーという顔もありました。

楽器メーカーとしてのヤマハには、昔から敬意を抱いています。ウィーンフィル特注の管楽器をヤマハだけが作っているなんて、なんだか素敵じゃないですか。そんな数が少なくて手のかかる商品は、採算が良いとはとても思えませんが、こんな素敵なことをやっているんだから、その分少しばかり利益率が低くったって、それは許せるんです。が、せっかく立派な楽器メーカーなのに、その他の周辺的な事業のせいで、とても投資対象にはならない会社でした。

私自身はいわゆるポプコンのファンというわけではないので、つま恋に特別な感慨はありませんが、ヤマハという会社にとってはその歴史の重要な部分とも言えるでしょう。今現在のヤマハは良くなっているのかしら、と思って財務データを見てみました。

現状の諸々の数字、営業利益率9%台、ROEで10%というのは、一応及第点といったところ。わざわざ投資するほどの魅力はありません。過去10年の財務データがアニュアルレポートの中にあったので、それを眺めてみますと、少し風景が変わってきます。

直近の決算期の売り上げは、リーマンショック前のピークには未だ2割ほど及びません。でも、各レベルでコストが減っていて、営業利益はリーマン前ピーク(売り上げピークの翌年)を24%上回っています。営業利益率は6%から9%台へ。財務体質は元々保守的で、それほど変わらないまま、全体が小さくなっています。その結果のROE10.3%、これはリーマンショッ、ク前からそれほど変わっていないように見えますが、当時は営業外の利益が色々とあったようで純利益が膨らんでいますので、それに比べると現状のROEは、「本業」の力をよりよく示すものと言えそうです。

Wikipediaでヤマハなどの項目を見ると、スポーツ事業は2002年までに、ゴルフを除いてすべて撤退、住宅関連は2005年には受注・生産を終了し、2010年に実質的に経営から撤退、とあります。冒頭に述べたキロロリゾートは2007年に、他のいくつかのリゾートとともに三井不動産系列に売却されたとのこと、つま恋も終了となった後は、ゴルフ場が一つだけ残っているようですね。

現在走っている中期計画は、3年後の営業利益率が12%とか、ROE10%とか、すごく意欲的というより、ペースを守って着実に、ということでしょう。足元の業績動向を決算短信でチェックすると、事業の中心である楽器が堅調であるというのが良いですね。新製品効果で売り上げのぶれたエレクトーン以外、すべての品目で伸びているというのは、健全な印象で安心感を覚えます。音楽教室事業の譲渡など、構造改革は続いているようで、今期の見通しは減収増益です。

株価はアベノミクス以降順調。市場全体が停滞してからも上昇基調が続き、過去2年ほどはかなりアウトパーフォームしています。収益体質の改善は、もうそれなりに評価されているようです。PEの13倍は市場平均並みですが、特別利益を除くと実質は多分18倍あたり。高い成長性を見込んでいるわけではないので、割安とは言えません。

配当利回りの1.6%も低いですね。配当性向は現在26%。経営計画で「30%以上を目指す」と打ち出していますが、負債もほとんどない財務体質ですし、それほど高成長でもないのだから、配当性向はもっと高いところを目指してほしいですね。配当は四季報の予想で52円ですが、もし80円出してくれると配当利回りが2.5%ぐらいになって、ようやく魅力が出て来ます。配当性向で45~50%くらいになるでしょうか。

配当利回りが2.5%になったら投資したい、ときっと思うでしょう。利益率が特に高いとは言えませんが、音楽文化の発展に貢献している会社ですから応援したいですね。会社の実態も漸く音楽を軸とした姿になりましたし、ウィーンフィル特注のホルンやトランペット、これからも作り続けてほしいと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

任天堂の30年 [株式の個別銘柄]

この夏話題になった銘柄と言えば、やっぱりポケモンGOで株価が一気に倍になった任天堂。その後は下がったとはいえ、急騰前に比べれば、3~4割は高いところで落ち着いています。ポケモンGOによる収益貢献はそれほどない、という解説をしている記事が散見されますね。多分その通りなのでしょう。そうではあっても、株価はそれなりの効果を見込んでいるわけですね。「効果」というのは、売り上げや利益かもしれないし、単にブランドイメージが上がるだけかもしれない、そこのところはよくわかりません。

個人的に任天堂に投資する予定は全くないのですが、これだけ話題になったので、任天堂って今はどうなっているのかなと、IRのサイトを覗いてみました。

まず過去の業績を遡ってみよう、と「ヒストリカル・データ」を開いてみて、ちょっとびっくり。なんと売り上げと利益のデータが、1981年からずっと載っているんですね。エクセルになっているので、こんなグラフがちゃちゃっと出来ちゃう。P/Lだけなので詳しい財務分析はできないにせよ、これだけの長さを載せている会社は珍しいんじゃないでしょうか。IRに優れた会社でも、10年ていどが標準だと思います。

任天堂の売上.png

これを見て一口で言うと、任天堂って90年代半ばに成長の止まった会社、というイメージですね。いつ何を発売してたのか、Wikipediaで見てみると、最初のファミコンが1983年、この頃の売り上げ680億円から、1989年発売のゲームボーイも一緒になって、1993年の売り上げ6300億円まで、ほぼ一気に10倍弱に駆け上がるわけです。

その後もなんとなく新製品を出しつつ、しかし以前の成長軌道を取り戻すことはなく、2002年に岩田社長を迎え、2006年発売のWiiが大ヒット。すごいですね、売り上げは5000億円台から、3年間で約3.6倍。2009年3月期に1兆8000億を超えるところまで行ってピークアウトします。ヒット商品が出ると、こういうことになるんですね。ポケモンGOが大人気と聞いて、条件反射的に株価が倍になっちゃうって、なるほど、よくわかります。

リーマンショックの影響がどのくらいあったのかわかりませんが、売り上げは再びWii前の水準に。そして2012年以降は右肩下がりです。過去にも売り上げが下がる時期は何度もあったのですが、2012年以降は過去のケースと違って、赤字を出してます。過去の営業利益率を見るとほぼ20%台、悪い時も15%は超えていたのに、ここ数年は深刻なようですね。2014年度と2015年度は何とか黒字を確保してますから、頑張ってコスト削減したのでしょう。

残念ながら株価は30年も遡れる方法が思い当たらないのですが、20年までは、ゴールデン・チャート社のサイトで見ることができます。パッと見た感じは、ほとんどこの売り上げのグラフ通り。細かく見ると、売り上げの変化の倍ぐらいの幅で動いている感じではありますが、長い目で見ると、株価は案外まじめに売り上げ動向をフォローしてます。ただ、アベノミクスがスタートしてからの株価が緩やかに上昇傾向なのに、売り上げは美しく右肩下がりですね。

私が任天堂を買わないのは、ゲームに興味がないし、うちの子がゲームにハマってもらっては困ると思っているからです。多くの人がゲームを楽しんでハッピーな気持ちになっているんでしょうから、それはそれでいいんですが、自分として応援したい企業とは言えないのですね。だからちゃんと調べたこともないし、常識的な事しか知りません。それでもIRサイトとWikipediaとゴールデン・チャートのサイトだけでこれだけのことが分かるんですね。ほんと、個人投資家にとっていい時代です。

ゲームが売れるかどうかの予想はできませんが、一応株価の評価を。利益の水準が低いので、PEは80倍あたりで、箸にも棒にもかかりません。これですと利益を全部配当に回してくれても配当利回りは1.25%にしかなりません。長期的にみると純利益率15%ぐらいが標準的なので、頑張ってその水準まで戻しても、PEは30~40倍。やっぱり高いですね。ヒット商品が出るなりして、また成長軌道に載るということにでもなればまた別ですが。


タグ:任天堂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: