So-net無料ブログ作成
検索選択

株式は債券より儲かるのか、というお話 [株式投資色々]

2ヶ月ほど前の「リスクをとれば儲かるのか、というお話」の中に、「経済が成長している限り、株式の方が債券より儲かる可能性が大きい」と書きました。株式は上がったり下がったりするけれども、全体としては、債券よりも上がり方の傾きが大きいのだという、図で示せばこんなイメージのことを申し上げたわけです。

リスクとリターン.png

でも、それは本当なんでしょうか。誰が株の方が儲かるって決めたんだ?…なんて、疑問に思う人がいても、ちっともおかしくはありません。しかしやっぱり本当なんです。そうじゃなくては辻褄が合わないんです。

たとえば、何か事業を始める自分を想像してください。設備投資や在庫投資の資金その他運転資金を、どうやって調達しますか?

もちろんまずは自分の貯金を下ろす、それから借金する、または誰かに出資してもらう。これらの選択肢から選んで調達し、事業資金に充てます。図のようなバランスシートの科目で言うと、自分の貯金と出資してもらったお金は右下の資本借金は右上の負債です。

負債と資本.png

「負債」と「資本」は、当たり前ですが、性格の違うお金です。負債の方は、事業が上手く行っても行かなくても、利子をつけて返さなくてはなりません。どんなに事業で損が出ていても、借金取りはやってくるということです。

一方資本のほうは、返す必要がありません。「自己資本」とも言うとおり、会社にとっては自分のお金という位置づけです。返さなくて良いばかりか、利益が出ていなければ、配当だって払わなくてよいのです。新しい会社であれば、出世払いでいいよ、というわけです。

さて、こうして始めた事業が大成功して、たくさんの利益が出たとしましょう。出た利益の分け前をもらえるのは誰でしょうか。・・・当然、下の方の「資本」を提供していた人たちですね。会社が損したら一緒に損してあげるよ、と言ってくれた人たちに、その見返りがあるのであって、どんな状況でもきっちり返せ、と言っていた人に配分されるわけがありません。

これこそが、ハイリスク・ハイリターン、ということの意味なのです。損が出たらその損を負担する、その代り出た利益は頂く、ということです。利益が十分出ているならば、債権者よりも、資本の所有者である株主の方が利益が上がらなければおかしいのです。

企業の行う事業活動が経済成長の源泉であることを考えると、経済が成長している限り、一般に株式の方が債券よりも高い収益が得られる、というのはそういうことなのです。もちろん、個別の株について、または短い期間について言えば、そうでない事態も生じます。しかし株式全体として、十分に長い期間をとってみれば、株式の増え方のほうが債券より大きいということが言えるのです。逆の言い方をすれば、株式の方が債券より儲かるようでなくては、経済はダメなんですよね。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

HISの株主総会、初めての出席 [株主総会]

先週木曜日(1月26日)の株主総会メモ。

この会社は結構長きにわたって保有しています。2001年の同時多発テロの時、ああもう当分この業種はダメかな、と思ったことを覚えています。当時は株価が割高だと思って少ししか投資していなかったのですが、少しだけだから、まあ売らずに持っていようか、ということでその時は放置することに。結果的にあの時は「買い」でした。経営の良い会社の逆境を買う、という一つの典型。とは言え、株式市場ではまだ比較的新参者でしたからね。そこまでの自信を持てなかったんですね。

株主総会には、今年が初めての出席。業績の説明は、ぼんやり聴いていると別に悪くはないような感じですが、数字は実はとても悪い。それでも心配ない、ということならそれはいいのだけれど、やはり数字の悪い時は、もっと丁寧に説明すべきです。だって営業利益は28%減、経常利益に至っては62%減ですよ。売上だって減っている。為替差損だとか、船舶の評価損だとか、さらりと触れるだけにしては、数字が大きすぎます。売り上げの減少も、燃料サーチャージを除けば実質2%の増収だそうだけれど、燃料サーチャージの説明ぐらい、少しはしたらどうなんでしょうね。

個人株主はどうせ数字なんか見ちゃいない、ということなのでしょうか。そうかもしれません。実際その後の質疑応答の時間、私が質問するまでこの決算の数字について、誰も質問しませんでした。でも、相手が素人だと思うのならむしろ一層、数字をちゃんと見てくださいね、と促すぐらいの態度があってもいい。特に、数字が悪い時に十分説明しないのは、たとえ悪気が無くても印象がよくありません。総会の資料も、必要最低限というかんじで、あまり親切とは言えませんしね。

そうは言っても、ちゃんと聞けば答えてくれます。今回減損を計上した船舶のような資産はこれの他にはない、為替差損は海外資産の評価損なので、これからも結構大きな幅で上下する、とのこと。それから、資金が必要であるにもかかわらず、自社株買いに資金を使い、一方で負債も増やしているのはなぜか。低金利で株式より債券での調達が有利だから、自己資本比率が下がってもそうすべき、ということなんでしょうか。…と聞いてみると、これだけの低金利だから今借り入れはすごく有利、との答えでした。配当利回りも低いんだから、株式のコストも高くないと思うんですけどね。自己株式の買い入れ=株主還元、という発想で、資本コストについてはあまり意識してなかったのかも、と思いました。借金が簡単に借りられるので、自己資本のありがたみも特に感じないでしょうし、業績も長期的に伸びているから、株式で調達する苦労なんかも感じなくて済むのかもしれませんね。

もう一つは、ロボットの働く「変なホテル」、人手不足問題を解決する切り札となるのか? という質問。人手は最初14人で切り盛りしていたものが、6人まで減らすことが出来ているのだそうです。目標は1ホテル2人。来月には舞浜にオープンするというから、ぜひ一度行ってみたいですね。

他の株主質問は、特に面白いものはありませんでしたが…やはり色んな方がいらっしゃいますね。社長をいちいち「あなた」呼ばわりする上から目線の株主とか、バリアフリーやCSRを焦点とした質問者、一番最後の質問者は延々と10問以上続けて質問してましたが、あれはちょっとルール違反ですね。もう最後だから多目に見るか、という雰囲気でしたが、会場の他の株主からは野次が。

可もなく不可もない総会でしたが、成長株にはよくあること。IR含むガバナンスは、良いに越したことはありませんが、私は別にガバナンス至上主義ではありません。成長企業は成長することで頭がいっぱい。ガバナンスが良くなるのは、勢いが衰えて来ている兆候のような気もします。衣食足りて礼節を知ると言いますからね。ジレンマというか、悩ましいところです。

(おみやげのカステラ、以前夫が持ち帰った時は、パッケージも「ハウステンボス」でしたが、今回は外に貼られたシールだけ。この文明堂の箱の方がお洒落でいいですね。)

IMG_20170203_095050 (600x800).jpgIMG_20170203_095205 (600x800).jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: