So-net無料ブログ作成
検索選択

リスクと確率 [投資スタイル]

リスクとは何か」ということを、このブログでは折に触れて書いています。リスクを理解することが、金融投資について理解することの真髄だと思うからです。でもなかなかピンと来ない。それは「全ての事象が、起きる前は不確実であった、ということを、起きた後ではイメージできなくなるからではないか」と、しばらく前のブログに書きました。

たとえば、最近の朝鮮半島情勢のようにきな臭い出来事があると、有事の際はどうなる、といったことがマーケットでも話題になります。こうしたいわゆる地政学的なリスクについては、予想することが困難で先行きがどうなるかわからない、という感覚を誰もが持っているでしょうから、「リスク」という表現もずっとしっくりくるのではないでしょうか。

有事が現実のものとなる確率は0%から100%のどこかにあって、それが起きても起きなくても、予想が外れた、当たったと割り切れるものではありません。でもこれが金融市場の先行きとなると、上がるでしょう、下がるでしょう、といった予想がなされ、当たった、外れた、という話になります。これも実際は、上がる確率が何%で下がる確率が何%、というべきもののはずです。さらに言えば、すべての出来事は、実際に起こる前は確率でしかないのです。

降水確率で表されるようになる前の時代の天気予報を覚えておいでの方は、その違いをイメージしやすいのではないかと思います。降水確率は0%や100%でない限り、外れることはありませんね? 上がるか下がるかどちらか、という予想をするから外れるのであって、何%かの確率で上がるだろうし、何%の確率で下がるだろうと予想していれば、そうそう外れることはありません。

短い期限で結果を出そうとすれば、期限が来た時点で「勝負」は一旦終わり。そして結果が全てです。結果というものは、出てしまった後は100%です。それがギャンブルというものの性格でしょう。でも、個人の資産運用には終わりはありません。短期的に当たっても外れても、またその先を考えることになります。結論はそう簡単には出ないのです。

予想を生業としているプロであれば、上か下か、右か左か、どちらかの結論を出すことを要求されるでしょう。しかし個人投資家にその必要はありません。何かに投資したならば、思いつく限りのシナリオを想定しておくのが良いと思います。どんなに間違いなさそうに見えても、実際に起こるまでは「可能性」にしかすぎ無いのですから、一つに絞る必要なんてないのです。

リスクを管理する、というと難しそうに思えますが、個人投資家としては、思いつく限りのあらゆるシナリオを想定しておく、できればそれぞれの起きる確率をイメージしておく、ということで、リスク管理になると思います。そんな難しいこと、と思うかもしれません。もちろん簡単なこと、とは言いません。ただ、精度の高い予想など、誰がやっても難しいもの。難しげに計算されたプロの仕事でも、予想というのは往々にして、過去10年や20年、こんなふうに動いてきたから今後も3分の2の確率でこうなるでしょう、とか95%でこうなるでしょう、とかやっているだけだったりする。将来の予想って、本当はそんなに単純ではありませんよね。


タグ:リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大河ドラマを見ながら [市場と経済色々]

今年の大河ドラマ「直虎」は、人気出ないだろうなあ、と私自身思いながら見ていますが、時々ふと気になるシーンが現れます。

先週は、乞食同然から商才で成り上がり、蔵が建つほど金持ちになったという金貸しの方久という男が登場しています。海辺から余った魚を買いとって干物にして山で売ることから始まり、店を買って茶屋をやったり、戦のあとで刀を拾い集めて売り捌いたり、そんなこんなで金持ちになった、という話。こういう話に顔をしかめる向きもあるでしょうが、魚の行商は古典的なアービトラージだし、一種の火事場泥棒的な刀の商売も、今で言えばリサイクル業ですね。こういう話に素直に感心する主人公に、私などは親近感を覚えます。

そして、借金でにっちもさっちも行かなくなった村の徳政令に代えて、方久に領地として村を与え、自分の才覚で産業を振興し、そこから借金の返済分を取るがよいと命じるのです。直虎さんもなかなかやるじゃないの、と思って見ていると、案の定周りの家臣からは、あの村は何某が誰それ殿から頂いたゆかりの土地で、是々の者にとって思い出深きところであるから、あのような金貸しにやってしまうとはとんでもない、と反対するのです。

赤字垂れ流しでどうしようもない事業部門を、中国の企業に売却しようとすれば多分、その事業は創業以来の事業だとか、先代の社長が心血を注いだ事業だとか、そんな理由で反対する人が、日本企業には如何にも居そうです。先週の物語で主人公の下した決断に、「ひどい」とか「とんでもない」とか思って頭に来た人は、あまり経営者には向いていないでしょうね。

昨今重視されるようになったコーポレート・ガバナンスの議論では、企業価値を高めるという観点から企業倫理が論じられますが、倫理的であることは、感情に流されることではありません。ましてや感傷に浸ることではありませんよね。個人的な感情に流されず、今ある利害関係者が公正に報われるよう判断を下す。それが企業の価値を高め、長く存続させることにつながる、というわけです。借金漬けになった家や村を存続させるために、成金の金貸しに領地経営をさせる、そのために内輪の思いを犠牲にする。とりあえずガバナンス的には、全く正しいように見えます。

皆に反対されて落ち込みそうになる主人公を、成金の方久が励まします。銭は力、上手くことが運んで銭が湧き出るようになれば、皆近寄って来てもてはやすでしょう、と。女が力を持って生きていくには地位と肩書きだけでは足りない、という含意のようにも思えます。脚本家は女性ですから。(笑)

キャノンの株主総会 ~円高で大変なのは分かるけど… [株主総会]


30日の株主総会集中日は、キャノンに出席することにしました。
キャノンは最近株式投資をテーマにお話ししたセミナーで、高配当利回りの例としてとり上げた銘柄でもあるので、様子を見ておこうと思いまして。会場である社屋は少し郊外にあるので、気候の良い日ですと気分も晴れます。桜はまだあまり咲いていなくて残念ですが。3年前にも一度出席していて、会場の雰囲気などはその時のブログに書いた、ほぼそのままです。

前期の業績は1割減収、3割減益で苦戦気味。配当は横ばいを維持していますが、前期について言えば配当性向が100%を超えてしまい、余裕はなくなっています。事業報告では、とにかく円高のせい、という説明ばかりが目立ち、他のもっと語るべき問題点が明らかにされていないような印象を受けます。

戦略的大転換を図り、改めて成長を目指す。新規分野を育て、その中からダントツの商品を開発しなくてはいけない。そうした問題意識はもっともだし、東芝メディカルの買収も良いと思います。ただ、厳しくなっているはずの現状についても、ある程度知りたいと思うわけです。強さの源泉であるオフィス機器部門、つまりコピー機やプリンターですが、非常に厚い利益を上げてきたこのビジネスが、今どんなふうになっているのか、そこがすごく気になるわけです。新しい商品がそれを埋めるように育ってくれるんでしょうか。

その疑問にピシッと答えてもらえるような質問は、株主からも出ませんでした。じゃ、自分で質問すればいいじゃないの、と思って途中から挙手してたんですが、当たりませんでしたね。目に付けば女性は当たる確率高いんですが、席が端の方だったもので。

株主として尤もな質問、たとえば東芝メディカルの買収についての質問は当然ありました。高すぎたのではないか、とか、東芝があんなに問題になっているのだから、子会社もリスクがあるのではないか、とか。回答に説得力があったかどうか、何とも言えない感じですが、そう簡単に答えられる性質のものでもないでしょうし、仕方ありません。私としては、そういった問題があるとしても、医療分野の買収については賛同できますね。後で高すぎだったね、と言われぬよう、これから頑張って頂くしかありません。

一株当たり純資産(BPS)が減っている、自己資本比率が下がっている、RoEも低くなった、ということを指摘した質問、これも株主として正しい問題意識です。良いと思います。BPSの件は、配当が利益より多かったから。自己資本の件は、大型買収にあたって負債を増やしたから、RoEが低いのは、大幅減益のせいですが、それがなくてもあまり高いとは言えなくなっています。やはりもう少し利益が欲しいですね。…実はこの時の回答、そう難しい質問じゃなかったのに、数字を揃えるのに手間がかかったり、BPSをEPSと勘違いして答えたり。それに、EPSの額をそのまま市場平均や他社と比較するって無意味だと思うんですが、個人投資家には分かりやすいとでも思われたのでしょうか。

女性の役員がいないことを指摘した質問も。このご時世ですから、まあ居るに越したことはありませんが、普通の大企業であれば、居なくても仕方ない面はありますね。取締役になる年代は、まだ雇用機会均等法の世代よりも5年から10年は上ですから。回答で、人事において男女の差別は全くありません、とはおっしゃってましたが、過去の採用時の差別があって現状があるわけです。ただ、執行役には女性が2人いらっしゃるとのこと。

監査役会が正しく役割を果たしているのか、と疑問を呈した質問もありました。こういう質問も、経営に緊張感が出て良いと思います。会計監査人の監査報告と、監査役会の報告と、日付が同じっておかしいんじゃないか、という質問。これは私には思いつかない質問だな、と思って聴いていました。

業績以外の件で株主総会を通して気になったのは、御手洗会長がすべて取り仕切ったこと。有能なリーダーによるワンマン経営は、実は悪くはないと思っているのですが、高齢になると先々が気になります。普通どこの株主総会でも、質問の内容に応じて、何人かの取締役がそれぞれの守備範囲で回答するものです。ところがキャノンでは、先述の監査役会の件以外、全て御手洗会長がお答えになりました。会長以外にも、頼りになる人材がちゃんといますよ、とアピールして欲しかったですね。現会長はもうあまりにも長くなさっているせいか、質問に対する回答で、緊張感に欠けると感じる部分もありました。「新たな成長を目指す」と銘打っているのですから、新たな挑戦を感じさせる演出もお願いしたいものです。

因みにおみやげは無しです。株主さんからは、おみやげ復活の要望が出てましたけれどね。私は別に要らないんですが、「株主総会の帰りにCanonのロゴ入りの袋を持って歩くのが嬉しいんですよ」という個人株主の気持ちもわかります。ちょっと微笑ましいですね。

→ キャノンの株主総会 2014年