So-net無料ブログ作成
検索選択

ホントは昨年の総会に出席したかった ~セブン&アイ~ [株主総会]

先週木曜日開催の株主総会、セブン&アイ・ホールディングス。

ここは去年来ていればきっと面白かったのにね、と返す返す残念ですが、長く保有しているのに株主総会に出席するのは今回が初めてです。一世代前の優等生企業。本社の大会議室にぎっしり詰め込まれた感じでの総会は、信越化学の株主総会とダブります。去年は倍ぐらいの株主が来ていたはずだけれど、同じ会場だったのでしょうか。

事業報告は、業界を代表する大企業のわりには、個人でも作れそうなスライドに、手元の資料を抜粋・棒読みしたような音声で、極めて平板な印象。信越化学と言いここと言い、過去の優良企業のひとつのパターンなのかも。配布されている事業報告もあまり見やすくなくて、たいした枚数が無いのに、見たいデータを探して何度もページをフリップしなくてはなりません。多くの事業が混在しているのだから、もう少しうまく整理して欲しいものです。

事業報告の内容をかいつまんで言うと、コンビニは好調ですが、その他は銀行を除いて構造改革中。経営方針もはっきりと「コンビニ中心」を謳って、社内組織もコンビニは事業部門を「国内」「海外」に分ける一方、デニーズやニッセンは一括りにして「専門店」となるそうです。赤ちゃん本舗とか、ロフトとか、みんなここに入るんでしょうね。

リアルじゃない小売チャネルで存在感を示さなくちゃ、という気持ちは分かりますが、ちょっと前にやたらと強調していた「オムニチャネル戦略」は迷いと焦りの象徴になってしまっている感じ。具体像がそもそもよく分かりません。ニッセンも買う必要なかったように見えますし。

と、ネガティブな側面ばかり目に付いてしまいますが、コンビニ事業は商品開発も含めて相変わらず優秀です。今後の重要課題は人材確保。労務関係にはかなりエネルギーを割くことになるのでしょう。海外展開も、アジアアメリカ共に頑張って頂きたいです。

株主質問はイトーヨーカドー部門に集中していて、ヨーカドーの新社長は十分アピールする機会を与えられたと言って良いでしょう。北千住にお住まいという株主さん、一号店が地元にあることで愛着を持っていたのに、閉店になり、再開発でマンションになってしまってがっかり、地域に根差すと言っているのになぜ!というご意見で、拍手をもらっていました。こういう質問、株主総会らしくていいですね。

株主総会からは離れますが、この会社の社外取締役には、コーポレートガバナンスの世界では有名な、一橋大学の伊藤邦雄先生がいらっしゃいます。昨年の人事騒動で、鈴木さんを辞任させることになった社外取締役のお一人というわけです。あの人事のあり方についての評価は結局どうなのでしょうね。当時表面的には「ガバナンスが効いた」という論評がされていましたが、むしろ社外取締役の存在に疑問を感じさせる結果になったのではないか、というのが私の印象です。

私はそもそも社外取締役というものの効果には初めからきわめて懐疑的ですから、もしかすると偏った見方になっているかもしれません。が、ガバナンスの専門家が称賛する実例は、どうもよろしくない理由が存在することが、ままあるように見えてしまうのです。内紛やお家騒動に社外取締役を利用しようというような。そうでなくても委員会制度や社外取締役制度などに熱心な企業は、衣食足りて礼節を知る、じゃありませんが、成長のステージが終わり、形を整えることにエネルギーを注ぐ段階に入ったのだな、という印象を受けます。投資対象としては、あまり好材料ではないというのが正直な感想です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

運用報告、要りません [株式投資色々]

このブログは、個人で株式投資をしたい、投機じゃなくて運用をしたい、という人のために何か参考になればと思って書き綴っていますが、常々思うのは、プロが常に個人より有利なわけじゃない、個人だからプロよりうまく行くことも色々あるし、プロとは違う考え方で投資すればいいのだ、ということです。

以前書いたブログ記事に、個人でも必要な情報には十分アクセスできる、ということを書きましたが、個人投資家にはもう一つ、とても大きなアドバンテージがあります。それは、誰にも運用報告しなくていい、ということです。

他人のお金を預かって運用する場合、運用の報告をするのは当然ですし、そこはしっかりやってもらわなければ困ります。しかし運用するにあたって、報告義務というのはとてもコストのかかることです。ここでコストというのはもちろん、報告のためにデータを集めたり文書を作成したりという、実際お金と時間のかかることも含まれるでしょうが、それよりも重要と思われるのは、投資判断に与える影響です。

運用判断は、まず合理的であることが求められます。これも当然です。誰が見ても納得のいく合理的判断であることが望ましいわけです。「ピンと来たから」とか、「これが好きだから」というわけには行かないのです。ですから運用上の判断は、合理的に説明のつくこと、さらに言えば、理路整然と説明しやすいことが優先されるようになります。

この事は一見とても正しいことのようですけれど、実際は運用の足を引っ張る大きな要因となり得るのです。誰もが納得するような説明というのは、大抵の場合ほとんどの人が既に知っていることです。ということは、既に株価に織り込まれている部分も多いということです。一方、よく考えると合理的であっても日頃の常識とずれているようなアイデアは、説得力に欠けることも多い。しかし、荒唐無稽とも思えるアイデアが実現した時は、本当に大きなリターンが得られます。誰でも思いつくような、万人受けするような、理路整然と説明しやすいアイデアよりも、ちょっと聞くとあり得ないように思えるけれど、考えてみると合理的、という方が、投資アイデアとしては貴重なのです。

運用報告というのは、正規には1年に1回か2回でしょうけれども、たいてい毎月とか四半期ごととかいった頻度で、何らかの形で行われているのではないかと思います。ですから、その期間ごとに運用成果も明らかにされるわけです。流石に毎月毎月好成績でなくても非難されないとは思いますが、ベンチマークに勝てない状態が半年とか1年とか、またはそれ以上続くような事態は、誰だって避けたいものです。ですから、5年とか10年とかを視野に長期投資で、と言っても、しばらく市場に負けていると、どうしても短期的に挽回しようという意識が働いてしまうものです。また、運用報告書に人気の銘柄が載っていないと文句を言われそうだから、なんて理由で銘柄を選ぶようなことも、ままあるのです。(ウィンドウドレッシング、なんて言ったりします)

これが、長い運用実績を誇る老舗運用会社ともなると、もっと余裕のある対応ができるのでしょうね。1年や2年ベンチマークに勝てていなくても、うちには何十年のレコードがありますから、長期的にはご心配には及びません、と言えるのです。日本にはそんな運用会社は無いかもしれませんけれど。

ファンドマネージャーも、普通の人間です。(普通じゃない人もいるとは思いますが。)いくら自分で良い投資アイデアだと思っても、なんでベンチマークに勝てないのだと文句を言われながら、半年も一年も、成果が出るまで耐え続けることは、少なくとも日本の運用環境ではなかなか困難でしょう。そこまで運用者に要求する運用会社も、そうした風圧から守ってくれる運用会社も、そうそうあるとは思えません。

そこへ来ると、個人投資家は心置きなく長期投資に集中できます。そもそも株価指数と競争する必要もありません。競争相手は最終的には物価上昇率です。もちろん収益率は高ければ高いほど良いけれど、資産が物価以上に増えていさえすれば、最低限困ることはありません。自分で良いと思うアイデアをかかえて、しばらく成果が出なくても、そのうち上がるから見ておいで、と心の中でほくそ笑んで待っていればよいのです。果報は寝て待て、というではありませんか。

⇒ 私流 株式投資

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: