So-net無料ブログ作成
検索選択

6月23日 川崎汽船の株主総会 会場の前でテレビカメラが取材 [株主総会]

持ち株の中でも成績底辺レベルの銘柄。いつ売ってもいいんだけど、と思いながらまだ持っていた。仕事と違って個人投資家には色んな理由があるものだ。PBRが1倍を大きく割ってからは、株価の下にも限界があると高を括っていたら、「B(純資産)」がみるみる小さくなって、割安感が無くなってしまった。PBRで割安株を物色すると、こういう罠に落ちるので注意しましょう、という典型。買った時はそういうわけではなかったんだけれど…。

総会会場のビルの前にテレビの取材スタッフがうろついている。その時は大して気にもしなかったが、夜のテレビ東京のWBSで取り上げられていた。昨年大株主の村上ファンドの反対票で、社長が危うく不信任となりそうだったという話。今回は輪をかけて業績が悪いわけだから、社長の再任が承認されない、なんてこともあり得たわけだ。

会場内は空いていて、ゆったり座れる。通路をはさんで隣りはスタッフ席。スタッフの女性が熱心に、何を書いているのだろうと覗いてみたら、速記だった。速記なんて国会でしか見られないもののように思っていた。生で速記しているところを見るなんて初めてだ。

とにかく部門を細かく分けてみても黒字の事業が無い、という感じ。例外は不動産管理事業ぐらいだろうか。典型的な市況産業だから必然ではあるんだろうが、事業報告を聞いていると、景気や市況など事業環境の部分が長い。どうしても、「市況のせいで業績が悪い」という説明になる。だからどこか人のせいにしているように聞こえてしまう。

長期的な方針の中に、戦略転換して次代の中核事業を育成するのだ、と謳っているのだけれど、聞いてみれば何か具体的な案件があるというわけではない。物流事業なんかいいんじゃないかな、というぐらいのレベルで、真剣に取り組んでいるのかどうかは不明。エネルギーのバリューチェーンという言葉も出て来て、採掘から製品の輸送までの一貫した物流サービスということのようだが、設備投資がかかる話だから、良いパートナーを見つけて…と最後は言葉を濁している。つまり、できればいいなと思うけど、お金がかかるし、1人じゃリスクをとり切れないということ。話を聞いていても、できる気がしない。

業績が悪くて無配なのだから、社員や取締役も報酬カットされるのは当然だ、という株主。これに対しては、役職によって幅はあるが1年前より15~25%の減俸コンテナ船事業の3社(郵船、商船三井と)統合などもあって、社内の危機感は十分にあるという回答。減俸も統合も良いと思うが、ここまで業績が悪いと、良くなる日が一体来るんだろうかという気分になる。

それ以上厳しい発言をする株主も無く、期待に反して(?) 何の波乱もない総会だった。社長の首はつながったわけだ。もう一つの議案は株式の併合で、株式数が1/10になり、株価が10倍になる。投資価値に実質的な影響はないが、株価の名目値が高くなると、下がる余地が出て来てしまうようで、何となくありがたくない。


→ テレビ東京のニュース

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

6月20日 小松製作所 製品展示会もあればもっと良かったけれど [株主総会]

小松製作所は私のポートフォリオの中では比較的新顔なので、総会出席も初めて。会場は都心部のホテルだったけれど、去年まではビッグサイトで開催していたらしい。製品展示会を同時に開催していたのだとか。後の質疑応答で判明した。なぜやめてしまったのか、再開されるのか、という質問だったわけだが、ビッグサイトがオリンピック開催の影響で使えなくなったとの回答。何せ超重量級の製品が並ぶわけだから、やわな会場では開催できないのだ。見られたはずの製品展示が無くなったとは残念。オリンピックの副作用がこんなところにもあるとは。

ここ数年の業績は、はっきり言ってパッとしない。特にこの2年は、結構な幅の減益だ。長期見通しを示した資料にも、あと2年ぐらいは低迷するような図が載っている。かつてのような中国市場の急成長はないだろうし、しばらくは我慢の時期が続くというわけだ。資源・エネルギー市場も落ち着いてしまって、鉱山関係の盛り上がりも当面期待できない。

コマツの株価というのは、リーマンショックから回復した後はきれいに3000円と1500円の間を行ったり来たりして、そこそこ忠実に業績を反映している。新たな成長の兆しが出て来るまでは、ずっとこんな感じなのだろう。次に成長の兆しが見えてくるまでの雌伏期にやることと言えば、研究開発とM&Aということになる。で、前年度決算直後の4月には、Joy Global社という米国の鉱山機械の会社を買収している。

社長はどうも話が上手い方ではないらしく、棒読み調のプレゼンテーションにビデオを織り交ぜながらの事業報告は、何となく物足りない。しかしその分を補って、質疑応答は内容の充実したものが多かった。

最初の質問は、JoyGlobal社の買収について。きちんと調べて書いたレポートを発表するように、理路整然とした質問ぶりで、石炭依存度の高いJoy社の将来性に対する疑問を表明してみせた。回答もまた的確に、くど過ぎもせず、買収の決断について説明している。用意されている資料も上手く質問に答えているし、ちょっと出来過ぎなので、この一問目はもしかするとサクラかも、と思わないでもない。

その後もこの買収についてはいくつか質問があった。買収金額が約3000億円と大きいので、心配するのは当然だ。エネルギー資源としての石炭は重要な地位を占め続けるだろうという見通しは、私は基本的には賛同するし、今のように、マーケットがどちらかというと弱気に傾いているような時にこそ、買収の好機ということもあり得るだろう。それでもやはり、買収対象が質の高い会社だったのか、価格は高すぎなかったか、といった点を株主に十分説明することは、とても重要なこと。

社外取締役についての質問。そのうちの一人が7社も兼任しているが、本当に稼働できているのか。また、社外取締役に賞与を出すというのはおかしいのではないか。・・・これはコマツの問題というより、社外取締役の在り方に関する疑問といった方が良いかもしれない。これに対しては、回答も的確に答えることが出来ていないと感じた。

最初の疑問は、私もいつも感じていること。多く兼任すると、それぞれの企業に対して十分な時間を割けなくなるはずだ、という先の質問の主旨だけでなく、1人の人物が、そんなに何社もの経営情報を握っている事態は、どうしても健全とは思えないのだ。社外取締役の賞与についても、賞与どころかそもそも報酬を貰っている時点で、厳密には社外ではないというべきなのだ。

充実した質疑応答も終盤にかかったところで、かなり高齢の男性が、株主優待についての質問。300株を3年間保有するともらえるんですよね、と。自分は200株持っていたが、そのことを知って某年に100株買い増したのです、だからもらえるんですよね、というあまりにも他愛のない質問に、会場の空気がどっと緩み、方々で低い笑い声が沸き起こった。

株主優待にしても今日の総会みやげにしても、要は「おもちゃ」。モデルカー、ミニカーの類だ。特に株主優待の方は非売品で、好きな人には良いコレクションアイテムかもしれない。総会みやげのミニカーも、このくらいなら愛嬌で、これを貰いに来るおみやげハンターもそうそうは居ないであろうし、センスのあるおみやげと言えるんじゃないか。

終わってみると、社長のプレゼンは棒読みだったものの、質問に対する答えはかなり充実。何人もの取締役が回答に当たり、結果的に全体としては良いプレゼンテーションになっていた。これで、去年までやっていたという製品展示会が付いていれば、かなり満足度が高かっただろうと思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

6月19日 今年も出席 バンダイナムコの総会 [株主総会]

バンダイナムコの株主総会は、たぶん私としては参加した回数が一番多い総会ではないかと思う。以前は総会出席みやげの一つが、サンシャインビルにある「ナンジャタウン」の1日券だったので、夏休みに子どもを連れて行ってやろうと、せっせと出席したりもした。しかし数年前、ナンジャタウンのリニューアルと共に1日券は、ナンジャタウンから花やしき遊園地に変わってしまった。

総会には、別におみやげ目当てに通い続けているわけではない。私が一番気に入っている株主総会で、周囲にもそう言っている以上、できるだけ出席して様子をアップデートしておきたいと思う。毎年の繰り返しになるけれど、気に入っている理由は、参加している株主の年齢層が若く、熱意を感じること。そして取締役が全員一言ずつスピーチすること。(詳しくは過去のレポートをどうぞ。)

今年は議案に「取締役を対象とする業績条件付報酬の内容の変更(業績条件付株式報酬制度への移行)の件」というのが含まれていたのだが、これについても比較的分かりやすく説明があった。この手の議案は通常、標題を見ただけで内容を読む気が失せてしまうものなのだ。内容に興味がないわけではないが、複雑だったり説明が細かかったりして、ちょっと読んだだけでは頭に入らないから諦めてしまう。きちんと説明してくれるのはありがたい。

全体の業績は申し分ない。売り上げ構成比の大きい「ネットワークエンターテインメント」(ひと言で言えばゲーム部門)が大きく利益貢献したし、利益率の高い「映像音楽プロデュース」も好調だった。今期予想は保守的に見えるが、要はゲームのようなミズモノでの大ヒットは、そのまま業績見通しには反映させないというスタンスだ。それはよいことだろう。ただ、売上6200億、営業利益630億の企業が、基本の経営指針として「売上5000億、営業利益500億を安定的に達成できること」と言われると、欲が無さ過ぎとの感は否めない。

さて、株主からの質問だが、ふと前方を見ると、7~8列前に、てっぺんに大きな赤いリボンを立てた白っぽい金髪頭が見える。どうやら何かのコスプレらしい。途中で質問の挙手。どんな質問をするのか聞いてみたかったが指名されず、途中で挙手を止めてしまった。残念。(笑)後でネットを見てみたらこの方、何年か前からよく姿を見せているようで、どうやら男性らしい。こんな光景が見られるのもバンダイナムコならでは。

いつものように質問は、株主からの熱意溢れる応援メッセージに近い。キャラクターもゲームも全然分かってない私にはほとんど理解できない質問が多いが、私自身も聞きたいと思っていた、業績に関する質問もばっちりカバーされて、私も満足。(上述の、保守的な業績見通しの件です)

その他印象に残ったもののいくつか。
・ナムコ創業者の中村雅哉氏を悼むファンの質問、というより、彼の思いを形に残してほしい、という要望。どういう答えを望んでいるのか分からないけれど、回答も要は気持ちの問題だろう。
・30代くらいに見える男性から、ターゲット層を広げると言っているのだから、子供向けのキャラクターを子ども限定にしないで大人も受け入れて欲しいという意見。「ココタマ」のキャラクターが好きで応援しているのに、映画だかイベントだかに出かけたら、子ども限定と言われてしまってがっかりしたとのこと。「ココタマ」ってどんなんだろうと思って検索したら、小さな女の子向けにしか見えないキャラクターでさすがにびっくり。この株主さんも「これが好き」と大勢の前で堂々と言えるのは、ここの株主総会ならでは。

ターゲット層の拡大、という話は今後の重点戦略の中に確かに挙げられていて、代表として「オトナ女子など」と表現されていた。私もそれに含まれるんだろうか。それを反映してのことだろう、今回の総会みやげ。初めて、私にも使えるものが入っていた。「くまのがっこう」のキャラクターのノートだ。ちょっとうれしい。

会場への通路。皆さんお気に入りのキャラクターの前で写真を撮ってます。
DSC_0795.JPG


総会後のお楽しみ。ちびっこたち、お待たせしました。
今日の雰囲気に合わせたラフな格好でこんな写真を撮っていると、オタクになった気分。IMG_20170620_140302.jpg


「くまのがっこう」 ノートとストラップ。このほか色鉛筆一箱入っていた。
DSC_0797.JPG


過去の株主総会
→2016年
→2015年
→2013年
→2011年
→2010年
→2008年
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ローソン、三菱商事の子会社となって… [株主総会]

そろそろ1週間経ってしまいますね、先週火曜日、ローソンの株主総会。三菱商事の持ち分が過半数を超えて子会社化されたので、何か変わったことはあるかと、一応出席しました。この「一応」なんて言うのは自分でも不真面目だなと思うのですが、総会が面白いかどうかは行く前からすべてわかるわけではないので、時間の許す限り行ってみることにしているわけです。

新しい社長は、三菱商事から3年前にローソンの取締役副社長として配属された47歳。社長のみならず、社外の3人を除いてすべて三菱商事で固まりました。年齢層は一番上が55歳。ひな壇の上はかなり若々しく見えます。三菱の親分がバックに居るので、この場に「重鎮」は要らないんでしょう。そして社外取締役は3人とも女性。これも割と思い切ってますね。男女のバランスをとろうと思うと、社外取締役になっていただくしかありません。キャノンのところでも書きましたが、過去の採用の歴史が今を形成しているわけで、社内には取締役候補としての女性が育っていないのは当然だからです。

事業報告は、特筆すべきことなし。業績は順調です。コンビニ大手3社の中で一番配当利回りが高く、経営指標も優秀ですが、コンビニ事業だけを取り出すと、やはりまだ7-11のほうがずっと優秀なんですよね。Q&Aの時も、「店舗売上日本一を目指す、と言ってくださいよ」という株主さん、いらっしゃいました。7-11の店舗売上は一日に70万ぐらいになっていたと思いますが、この時は「中期計画の最重要目標として1日60万円以上」との回答でした。

Q&Aで、三菱商事との関係について出た質問は、利益相反の面と人事面についての懸念でした。特に説得力のある回答でもありませんでしたが、利益相反については気にする必要は無いんじゃないでしょうか。三菱商事がコンビニへの仕入れで得をしよう、なんてちっぽけなことを考えるとも思えません。それよりローソンが儲かってくれることの方がありがたいに決まってるでしょう。人事面、つまりボードメンバーの顔ぶれが、現在のように三菱商事で固まってしまうと、プロパー社員のやる気を殺ぐのではないか、と。これはある程度仕方ないでしょうね。社員のやる気をいくらか犠牲にしても、子会社にする方が有利だという判断になったわけですから。

三菱商事がローソンの筆頭株主になったのは2001年とのことですから、子会社化したからといって大きく変わるものでもないでしょう。総会の雰囲気もたいして変化ありませんでした。ただ、有名人社長が三菱商事のサラリーマン社長に変わった、ということで、名実ともに三菱商事になったんだな、ということです。会場で配られる「議案の賛否確認書」も、三菱商事の総会で採用されているアイデアですね。提出するのは議決の後ですから「投票」にはならないけれど、こうして賛否を表明できるのは良いことですね。 

有名人社長と言えば、前社長の玉塚氏に対し、ラグビー選手時代の彼のファンでした、という株主から「週刊誌の記事に関してコメントをほしい」、という質問もありました。そんな質問に答えるなんてことは、もちろんありませんけどね。(私は週刊誌の記事に関しても、全然知りません。何かのスキャンダルだったのかな?)


→2016年の株主総会

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: