So-net無料ブログ作成
セミナー企画 ブログトップ

「経ママサロン」で話題になっていること [セミナー企画]

前回「値動きの激しいものはリスクが高い」ことについて書きましたが、同じテーマで、昨日発行のウェブマガジン「国民生活」5月号に載せています。こちらは投資家向けというより消費者向けの記事でして、リスクというものを投資に限らず幅広く捉えようとして書いています。日々の生活からして、私たちはいつも「リスク」に囲まれて生きているんですね。難しいことでも何でもない、ごく当たり前の身近なものとして「リスク」を理解してほしい、というお話です。 → 「私たちと経済 第5回 リスクについて」


さて、先週は自宅で「経ママサロン」を開催しました。開催などと大袈裟な感じですが、経済に関わる話題でおしゃべりする会。お母さんをやっている人たちの集まりだからと言って、特別な話題があるわけではありません。家計に関わる話題は少々多いでしょうが、多分普通にお勤めの皆さんが、仕事の後ビールでも飲みながら交わしている雑談とたいして変わりません。

子どもが小さい間は育児に関する話題が盛り上がるわけですが、子どもが育ってしまうと、代わりに関心が集まるのが介護ということになります。何にどんな費用が掛かると言ったことに始まり、介護保険のことから健康保険や医療保障、民間の保険に話題が広がり、さらには国の財政の話まで。

タイムリーな話題としては、残念ながら私もあまり詳しくないのですが仮想通貨やブロックチェーンについて、そしてフィンテックを含むこれからの銀行・金融業について。そこから中国や米国の経済に話題は飛び、世界経済、そこにスポーツの話題が入ると、スポーツと経済力という話になったりもします。

仮想通貨は電力を食う、という話から話題はエネルギーへと向かい、自動車産業を通って「ESG」というキーワードへ。そこから企業のガバナンスについて、さらには女性の働き方といった話題へと、留まるところを知らずにおしゃべりは続き、気が付いたら2時間以上が過ぎていました。

女性の活躍」は今の日本のテーマの一つですが、給与を受け取るという形をとっていなくても、女性は昔っから活躍しているわけで、「経ママ」の主旨のひとつは、「子育てしてるんだから、経済にも関心を持ってた方がいいよね」ということです。それからもう一つ、子育てが一段落したらまた働きたいと思っている人も多いはず。だから子育て中も経済の話題には触れていたい、というニーズもあるはずですよね。

ついでに言わせていただくと、女性に長く働いてもらおうと、多くの企業では退職しなくて済む制度を色々と導入していると思います。それは必要なことで、企業の努力には敬意を払うべきでしょう。そうした制度が無ければ、働く女性にとって著しく不利になってしまいますからね。

でも社会とってより必要なのは、女性を終身雇用制の枠に縛り付ける努力ではなく、終身雇用制を一旦離れて再就職しても、ずっと働き続けているのと遜色ない給与水準や福利厚生が得られる雇用制度を構築することのはず。これは女性の問題だけではなく、終身雇用制に収まりづらいあらゆる勤労者にとって必要なことですし、新しい産業に人材が集まりやすくするという産業政策でもあります。それなのに、どうして「働き方改革」が単なる残業規制になってしまうんでしょうね。

→ 「私たちと経済 第5回 リスクについて」
→ 経済に強いママを増やす会

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

金利を予想するわけではない金利のセミナー [セミナー企画]

先日あるセミナーで、「金利」をテーマに話をしました。金利の先行きを予想する、なんて話ではありません。「経済」や「金融」と聞くとどうしても、難しい、分からない、と思って敬遠してしまう、そんな人を対象に、金利について基礎的なことを理解し、苦手意識を克服しよう・・・そんなセミナーです。

「金利商品」といえば一般に債券のことですが、普段は株式の事ばかり話している私が、なんでまた金利の話なのか。それは、なんと言っても金利こそが金融の基本だからです。金融業を加工産業に例えれば、金利は原料みたいなものだと思うからです。株式だって、金利と深く関わっています。

金融商品にはそれぞれ金利によって様々な条件が備わっています。運用商品であれば、利息がもらえたり、元本が成長したりするでしょうし、ローンであれば利払いが生じます。それらの金利は、違う商品、違う市場であっても、みんなつながっているのです。なぜなら皆同じ経済の中にあるからです。

金利がどうやって決まるのかは、大きく分けて2つの要素があります。一つは「経済成長」や「景気」。金利にとっては名目成長率が重要なので、「物価」の動きもこれに含まれます。景気が良くなる時、物価が上がる時に金利は高くなりますが、景気や物価はどういう経路をたどって金利に結び付くのか、考えてみたことはありますか?

そして二つ目の要素は「信用」です。「リスク」と言ってもいいでしょう。投資や融資先として考えると、信用の度合いが低い、つまりリスクの高い案件は、利回りも高くなります。危ない橋を渡るのだから、成功時には高い収益を上げさせてもらわなければ割に合わない、というわけです。ハイリスク・ハイリターンということですね。

こうした金利の決定する背景が分かっていて初めて、金融商品の評価が出来ることになります。同じ経済という背景があって、その上でつながっているから、違う種類の金融商品であっても、互いに比較しあうこともできるのです。

現状はゼロ金利と言われるように、景気や物価から与えられる金利水準は非常に低くなっています。金利が原料の金融業にとっては、謂わば原料の調達が困難な状況なのですね。そうは言っても、二つ目の要素によって、金利は機能しています。金融業というのは、「リスク」を測り、それに「金利という値段」をつけることこそが、重要な仕事であると思います。

タグ:金利
nice!(1)  コメント(0) 

株式投資ってどういうこと? というセミナー [セミナー企画]

8月の下旬に、セミナーをアレンジしてくださる方があって、株式投資についてお話しすることになりました。メインタイトルは「株式投資ってどういうこと?」。1月にお話しした時と同じタイトルで、中心となるメッセージは同じですが、投資周りの話題を少し更新してお話しします。

株式投資についてお話ししたい、ということをずっと昔から考えているのですが、それをメインの生業にしようと思うと、短期志向の話をしなければなりません。そしてこの先3カ月や1年のうちに金利が上がるとか下がるとか、株式が10%上がるとか下がるとか、または上がる株はこれ!とかいう話をしなければなりません。お話したいのはそういうことじゃあない、というのは、このブログを読んでくださる方にはすでにお分かりだと思います。だから、どこかからお給料をいただくためにあくせく働くようなことをしなくてもよい身分になって、初めてこういう話をしているのです。

私がお話したいのは、株式市場の本来の姿投資というものの考え方についてです。株式市場でギャンブルするのはご自由にどうぞ、ですが、それは株式市場の姿のほんの一部であるということ。株式市場は経済の成り立ちに非常に重要な役割を担っているということ。ですから同時に株式投資家は、経済に重要な貢献をしているということ。また、株式には価値があるということ。その価値は企業とともに成長するということ。その成長の恩恵を、多くの投資家に享受してほしいということ。…

株式に投資するってどういうことかわかったうえで、投資信託を買おうと思うならばそれもよいと思います。でも、興味がおありなら、直接株式に投資する、ということも考えてみていただきたいですね。個人投資家として無理なく資産を運用するにはどうすればいいか、という話です。個人投資家にとって、投資信託はもちろん重要な投資商品です。でも、投信業界を長く見てきて思うのは、この業界が満足のいく水準まで良くなるのを待っていたら年を取っちゃう、ということ。老後は待ってくれませんからね。

(1月のセミナーについてはブログには載せていません。Facebookに写真がありますが。)

8月のセミナーにご関心のある方はこちら。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ピンと来る「リスク」の説明とは [セミナー企画]

昨日は「良質な金融商品を育てる会(通称フォスター・フォーラム)」が主催する金融セミナーで、講師をさせていただきました。初心者向け、と銘打って、自分は金融に疎いと感じている方に、金融機関の敷居をまたぐ前にこのくらいは知っていてほしい、というお話です。

聴衆は20人弱、「真水」の参加人数はその3分の1くらいでしょうか。金融教育に関心があって、ご自分でも教える側の活動に携わりたい、という方が聴きにいらっしゃるパターンも多いので。こういう企画は、常に集客が大変です。間違いなく必要とされている、とは思うものの、本当に必要な人々に情報が届くのは、なかなか難しいものです。

常識問題から始まって、債券・株式・投資信託といった基本的な商品についての知識。中でも一番工夫のし甲斐があるのは、「リスク」の説明です。投資や資産運用において、「リスク」を理解することこそが真髄であると思います。巷にリスクについての解説は色々とありますが、普通なかなかピンと来ない、というのが正直なところではないでしょうか。

難しいのは、全ての事象が、起きる前は不確実であった、ということを、起きた後ではイメージできなくなるからではないかと思うのです。株式を買って損をしたら、「リスクの高いものを買ってしまったなあ」と感じることができますが、株価が上がっていい思いをしたら、同じように「リスクの高いものを買ったから、こんなに儲けることができたんだなあ」なんて、感じることができるでしょうか。プロはもちろん、それができてなくちゃいけないんですけれどね。

「リスク」を訳すと、どういう日本語が一番適切なのでしょう、という質問をいただきました。「変動幅」と説明する人がいるけれど、どうなのでしょう、と。確かに変動幅もリスクという表現に含まれますが、それは証券理論上の定義であって、「リスク」自体はもっと広い概念です。ぴったりの日本語は、現時点では存在しないかもしれませんが、あえて言えば「不確実性」、要は「どうなるか分からないこと」がリスクである、と言ってよいと思います。

そう、不確実だから、リスクがあるんです。必ず損する、と分かっているものはリスクがゼロなんですよ。そういうものは買わないから、絶対損しません。得すると思うから買うのですし、それが思い通りに行かないときに損するのです。リスクを解説しようと思うと、何だか禅問答みたいになってしまいますね。覚えておいてほしいのは、リスクの高いものは往々にして、とても得をしそうな姿で現れる、ということです、とお話しました。少しはピンと来ていただけたでしょうか?



「経ママサロン」のこと [セミナー企画]

7月前半は、「経ママサロン」を開催しました。
これは私の主宰している「経済に強いママを増やす会」で不定期に開催している少人数のセミナーです。サロン、と言っても単なる「自宅」。口コミベースでお友達を集めて、といったゆる~いセミナーです。

「経済に強いママを増やす会」については、一応ホームページで自己紹介してます。(http://fullfaith.co.jp/share/economy_mom/)なかなか機動的にアップデートできないので、Facebookに「経済に強いママを増やす会」のウォールも設けています。会の目的はその名の通り。なかなか金融だの経済だのを話題に話す機会がない皆さんに、そういった話を聞いたりおしゃべりしたりしてほしい、ということです。ですから、経済や金融にふだん馴染みのない人でも分かる話を、それでいてクオリティーの高い内容を心がけています。

今月のサロンセミナーのテーマは「大人の金融ドリル ~前編~」(注)と題しまして、金融商品を買ったり資産運用を考えたりするうえで、これだけは知っておいてほしい、というお話をしました。1時間たっぷりの長さなので、ハイライトだけご紹介。

まず初めに、分からないものを買ってはいけない、ということ。勧められても、分からなければ買わない。…で、その結果あれもこれも分からないから、何にも買わない。保有しているのは、銀行預金と生命保険だけ、という家計は多いんじゃないかと思います。でもそれだけじゃいけないのではないか、とも多くの人は思っていますよね。そこで、少しは「分かる」金融商品の品ぞろえを増やしましょう、ということになります。

では、何が分かれば「分かった」ということになるんでしょうか

そこで出て来るのが「リスク」のお話です。「リスクとリターン」というふうにセットで使われることが多いと思うのですが、リターンは日本語で言えば「収益」、つまりいくら儲かったか、ということですから、何も難しいことはありません。一方「リスク」はちょっとわかりにくい。それは収益のようにはっきりとは、目に見えないからです。

「リスク」というのは色々な面を持っていますが、ひと言で言えば「どうなるかわからないこと」。つまり損するか得するか分からない、ということであって、損することをリスクというわけではありません。実際の生活で得して困る人はいないので、リスクとは損するかもしれないこと、と考えるのは間違いではないんですが、リターン(収益)との関係で言えば、「得するかもしれないこと」も「リスク」に含めて欲しいのです。予測しがたい程度が大きいものほど、リスクが高いということになります。いつも値段の動いている株式のようなものであれば、激しく上がったり下がったりするものはリスクが高いのです。

リスクとリターンの関係を表した標準的な説明はこれ。
高い収益(リターン)が期待できる金融商品を選ぶ際には、高いリスクをとらなくてはならない。
高いリスクをとれば高いリターンが得られる、というわけではないことに注意してください。

そのほかにも、流動性のリスクというものがあります。ある金額のお金が欲しい、と思っても、簡単に売れないものではお金が手に入りません。不動産などがそうですね。また、確実に欲しい時に欲しい金額が手に入る銀行預金にも、また別の種類のリスクがある。サロンセミナーでは、そういったお話もしました。

この「リスク」が「分かっていること」のポイントです。各商品のリスクが理解できていればひとまず、その商品に投資するために必要なことが分かっている、と言ってよいでしょう。具体的には、その商品の価格がどのくらい変動するのか、最悪どんなケースがあり得るのか、といったことです。どのくらい儲かるかは、実はその次に考えるべきことなんですね。

今回のセミナーで具体的な金融商品として取り上げたのは、銀行預金と外貨預金。そしてクレジットとローン。リボルビング払いってどういうことか、知ってますか? さらに分散投資の色んな考え方についても触れました。

基礎編をちょっと逸脱したところでは、為替レートと物価の関係世界の経済全体で見る「リスクとリターン」の関係、といったお話も。その後の質疑応答、参加者の皆さんとのとめどなく続くおしゃべりも加え、ぎっしり内容の詰まった1時間半でした。

今回は「前編」でしたので、当然次は「後編」になります。日程は今のところ未定ですが、内容としては、債券、株式、投資信託、保険、といったそれぞれの資産についてお話しする予定です。


(注)「大人の金融ドリル」は、フォスターフォーラム(良い金融商品を育てる会)作成による原版をもとに、セミナー用に改編しました。

「経ママ」HP
⇒ Facebook
「おとなの金融力ドリル」 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
セミナー企画 ブログトップ