So-net無料ブログ作成

伝説のチャンピオン [株式投資色々]

今年最後の1日です。もうマーケットもお休みですから、今日は肩の力を抜いて、イマドキの話題で。

今話題の、と言えば、社会現象にさえなっている映画、「ボヘミアン・ラプソディー」。私も、この世代としては見ないわけにはいくまい、ということで、遅ればせながら鑑賞してまいりました。当時熱心なファンということはありませんでしたが、「ボヘミアン・ラプソディー」という曲には度肝を抜かれたものです。なんと今も家の棚にシングルレコードがあります。

これからご覧になる人もあるでしょうから、映画の中身については語りませんが、終章のライブで「伝説のチャンピオン」を歌う場面があります。その歌詞の中に「No time for losers」というくだりがあって、過去のプロデューサーのひとりがチラリと画面に映るのですね。その人物は、ボヘミアン・ラプソディーのシングルカットを認めようとしなかった人物です。少しのリスクをとらなかったために、大きな果実を取り損ねたのです。

その時私の脳裏には、投資すればよかったのに、または売らなければよかったのに、逃してしまった大きな魚の名前がいくつか通り過ぎたのでした。過去の株式投資での失敗として思い浮かぶのは、ほとんどがこうしたものです。買って損したことはほとんど忘れてしまっていますが、「買えばよかった」「売らなきゃよかった」は忘れません。なぜならそういう銘柄は大きく育って、いつでも私の目に入るところにあるからです。そしてその金額も、投資するはずだった金額の何倍にもなっているからです。

これから株式投資を始めようという人は、買ったものが下がるのは怖い、と思っていることでしょう。でも考えようによっては、それはたいした「損」ではないのです。全財産を賭けるようなことさえしなければ、という条件付きですけれど。

ところで、ネット検索してみると、実際はボヘミアン・ラプソディーのシングルカットを巡る移籍という事実は無いようですね。ある程度フィクションを織り交ぜた映画ということなのでしょう。

それでは皆さま、良いお年を。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。